1年365日、ずっと心地のいい家


詳細

所在地 安佐北区
施工期間 4カ月
家族構成 夫婦+子ども2人
延床面積 98.53㎡(29.85坪)

仕様

 2019年6月に完成したマエダハウジングの新築「hittki(ひととき)」のモデルハウス。「家族が安心して快適に暮らせる住まい」にこだわり、壁に高い断熱・遮熱性能の4層断熱を採用。全居室無垢材床・塗り壁の体に優しい自然素材仕上げで、回遊性のある間取りと広い家事スペースを備えている。
 1・2階の床は共に厚さ1.5㎝(玄関ホールは3㎝)のスギの無垢材を使用。壁の真っ白なスペイン漆喰が美しい。主寝室・フリールームはグレーがかったシラス壁、リビングのアクセント壁は砕いたコーヒー豆や石炭灰を使用したリサイクル内装ボードを張った。塗り壁は調湿・防臭性能に優れるため、無垢材床と合わせて心地良い室内環境をつくり上げている。
 2階はウォークスルークロゼットを囲むようにLDK・水回り・ユーティリティーを配した効率的な間取り。LDKは梁を出し、高低差のある勾配天井にスギ板を張って一層の心地良さを演出。ユーティリティーには天窓から明るい光が注ぎ込み、部屋干し用物干しや家事用カウンターもある。
 高い性能と動線を考慮した間取り、癒やしの工夫が詰まった家だ。

施工中

完成後