三角形の狭小地。設計アイデアで開放的に


詳細

所在地 広島市安佐南区
施工期間 4か月
家族構成 夫婦+子ども1人
間取り 100.33㎡(30.35坪)

仕様

 学区や交通の便を重視し、三角形の狭小地を購入したK様。設計担当と一緒に細部にアイデアを凝らし、自分たちらしい家を完成させた。
 2階に置いたLDKは15.9帖のコンパクトサイズ。しかし、勾配天井で天井高2.2mのキッチンと3.5mのリビングとの高低差をつくることで縦の広がりをつくり、横長のピクチャーウインドー2枚で横の広がりをつくって、空間を広く見せることに成功した。
 間取りの面では洗濯の動線に着目。パウダールームを起点に浴室とウォークインクロゼットがつながり、部屋干し、収納ができる配置とした。
 電動シャッター付きのビルトインガレージは、雨の日でも濡れずに家に入れる。車好きのご主人がいつでも存分にメンテナンスを楽しむことができる、至福の時をもたらした。ご夫婦で各部屋のアクセントクロスを水性ペンキで塗装したことも、忘れられない思い出となった。

施工中


完成後