完全分離型の二世帯住宅がほどよい距離感で家族をつなぐ


詳細

仕様

お母様が一人で暮らす築42年の実家を、二世帯住宅にリノベーションしようと考えていたI様。まずは、様々なメーカーが集まるイベントに参加し、数社に見積もりを依頼してみた。そこで分かったのは、予算内で完全分離の二世帯住宅にリフォームするのは難しいということ。床が傾いているため、修理に多くの費用を要してしまうということだった。そんな中、リフォームの見積もりに併せて、新築の見積もりも提示してくれたのがマエダハウジング。提案力の高さにほれ込み、プランニングを依頼した。
 I様の要望は、完全分離の二世帯住宅。そこで玄関以外は、1階をお母様、2階をI様ご家族の居住スペースとして、完全に分離させている。すっきりとした生活空間を実現させるため、収納を充実させたのは奥様のこだわり。2階には主寝室に併設した約4畳のウォークインクローゼットをはじめ、パントリーや造作の棚を要所に設置。デッドスペースはできる限り収納に充てた。
家族が集うLDKの床はナラの無垢材を採用。シンプルな空間に多彩なクロスを組み合わせた、センスあふれる空間が広がる。1階にはご友人の多いお母様のため、LDKの一部としても使える和室を配置。気兼ねなく、友人を招いて楽しい時間を過ごしているのだそう。「お互いにちょうどよい距離感で生活できて、本当に快適」と口を揃えるお母様と奥様。分離型二世帯住宅の良さを実感していた。

マエダハウジングからの提案

Q 依頼先の決め手は?
A 提案力が抜群でした。どこに相談しても「予算内の二世帯リフォームは難しい」とだけ言われる中、唯一、新築も併せて提案してくれました。この出会いがなかったら、今でもリフォームに執着して、路頭に迷っていたかもしれません(笑)。

Q 完成した家の特徴は?
A お互いの生活を尊重しながら、ほどよい距離感を持って快適に暮らせています。西日が入りすぎるため、あえて小さくした小窓から望む景色が最高。昼は町並みと山並み、夜は見事な夜景が楽しめる大好きな場所です。

施工中


完成後