キャンバスのようなシンプル空間 月日とともに家族色に染まっていく家


詳細

仕様

西区の賃貸マンションに暮らしていたH様家族は、お子様の成長にともない、戸建てに的を絞って家探しをスタート。最初は建て売りも視野に入れていたものの、「自分たちにぴったりの土地や間取りを求めるなら注文住宅しかない!」と土地探しから仕切り直すことになった。マエダハウジング不動産に紹介された閑静な住宅街に建つ土地が気に入り、施工も信頼感のあった同社に依頼。『我が家のベストプラン』を叶える家づくりに挑んだ。
 床に無垢のパイン材を使ったLDKは、自分たちの好みを反映できるようにと、シンプルな空間に。オープンな造りにして、ライフスタイルの変化に合わせ、フレキシブルに間取りが変えられるように工夫した。広めに確保したキッチン奥はパントリースペースとして活用。大容量で生活雑貨などもスッキリと収納できる。また手洗い台を玄関前に設置するなど、自分たちの生活スタイルに合わせた動線にもこだわった。和スペースのニッチにはタイルでデザインした家紋、キッチンカウンターには奥様の好きな『美女と野獣』をイメージしてオリジナルブレンドしたコラベルタイルをあしらうなど、随所に遊び心も満載。
「家はあくまでもベース。これからみんなで家族の色に染めていきたいです」とご主人は話した。

マエダハウジングからの提案

Q 依頼先の決め手は?
A「戸建て」ということ以外、何も決まっていない私たちの相談に親身になって耳を傾け、一緒に悩みながら対応してくれました。土地探しからワンストップで任せられる点も安心感がありましたね。

Q 完成した家の特徴は?
A 子どもが大きくなって家を出た後のことまで考えて造った、フレキシブルな間取り。南から光が入る明るい空間、どこにいても気配を感じられる距離感など、想いをカタチにしたベストプランです。

施工中


完成後